休日をレベルアップ

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

《中編》ひとり旅推奨!関西の安藤忠雄建築の美術館&博物館


ライフスタイルオンライン 休日担当くるくるです!
社会人のみなさん、すてきな休日をお過ごしでしょうか?

今回は3部作中の2作目「《中編》ひとり旅推奨!関西の安藤忠雄建築の美術館&博物館」をお送りいたします

【前編】【後編】はこちら⬇︎
〜《前編》ひとり旅推奨!関西の安藤忠雄建築の美術館&博物館~

www.holidays.life-style-online.com

〜《後編》ひとり旅推奨!関西の安藤忠雄建築の美術館&博物館~

www.holidays.life-style-online.com

 
前編に引き続き中編でも、関西にある世界の建築家《安藤忠雄》の美術館・博物館の紹介をしていきます。

ちなみに僕は翌日徳島でお仕事のため、現在移動しながら執筆しております。
着いてからの徳島ラーメンが楽しみで仕方がありません。

ちなみに徳島県にある外国人が行きたい日本の美術館第2位をご存知でしょうか?
旅行口コミサイト・TripAdvisorが、海外の旅行者が選んだ"行ってよかった美術館"を発表しました。
※出典:I LOVE TOKUSHIMA

それが大塚国際美術館です。世界の名画1000点を全て陶器で作っていて、それを展示している美術館になります。
つまり何一つ本物がないのだけれど、世界から高く評価されているすごいところです。

その美術作品を陶器にするすごい技術を使い作品を展示している美術館が、京都にあるのでそこから紹介していきます。



京都府立陶板名画の庭     

 

僕が訪れた最初の安藤建築が《京都府立陶板名画の庭》で、京都の北山という場所にあります。学生時代に訪れてコンクリートに囲まれた建築に感動した、とても思い入れのある場所です。

 

f:id:possible22:20180620123645j:plain
出典:京都観光Navi

 

世界の名画8点を陶板に写し、美しいまま永きにわたって鑑賞できるというコンセプトで作られています。

「偽物やないかい!」と価値を感じられない方もいるかもしれませんが、野外美術館で名画を鑑賞できるということは本物ではありえないシチュエーションではないでしょうか?
まさに陶板ならでは、です。

 

f:id:possible22:20180620123745j:plain
出典:Wikipedia

 

もちろん本物そっくりです。
建築としても美しいこの美術館を京都観光のひとつに入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

京都府立陶板名画の庭》
http://kyoto-toban-hp.or.jp
京都市左京区下鴨半木町 (京都府立植物園北山門出口東隣)
◎TEL 075-724-2188
◎開園時間 9:00~17:00  ※入園は16:30まで
◎休園日 12月28日~1月4日
 ※施設メンテナンス等で休園する場合もあります。
◎入園料 一般 100円
◎共通券 一般 250円 高校生 200円
 ※共通券とは…植物園と陶板名画の庭の両方に入園できる券です。



兵庫県立美術館     

 

以前ブログにも書きましたが、ジブリの大博覧会」が開催された場所が《兵庫県立美術館》で、ここも安藤忠雄氏による建築になります。

 

f:id:possible22:20180620123759j:plain
出典:兵庫県立美術館公式HP

 

阪神淡路大震災の「文化の復興」のシンボルとして作られた美術館で、神戸という地域を意識した建築になっています。

 

f:id:possible22:20180620123813j:plain
出典:兵庫県立美術館[風のデッキ]

 

風のデッキと呼ばれる場所では六甲おろしという神戸の山から吹き降りる作りになっていたり、山のデッキでは六甲山などの神戸の山々がよく見える場所や、海のデッキでは神戸の海を一望できます。

 

f:id:possible22:20180620123840j:plain
出典:兵庫県立美術館[海のデッキ]

 

構造も複雑で、建築のいろいろな表情を楽しめるようになっています。
ぜひ探検するように美術館の隅々まで散策してみてください。面白いですよ♪

 

f:id:possible22:20180620123852j:plain
出典:兵庫県立美術館

 

兵庫県立美術館
http://www.artm.pref.hyogo.jp
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号[HAT神戸内]
◎TEL:078-262-0901
◎開館時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
 ※特別展会期中の金曜日と土曜日は夜間開館 10:00~20:00(入場は19:30まで)
◎休館日
 月曜日(祝休日の場合は翌日)
 年末年始(12月31日、1月1日)
 メンテナンス休館(2019年1月2日~1月10日)
◎観覧料金
 ▼県美プレミアム展(常設展)観覧料
 大人 500円 70歳以上250円 大学生400円
 ▼高校生以下は無料。



まとめ     

 

いかがでしたか?

中編では安藤忠雄建築の美術館2つを紹介しました。
ちなみに安藤忠雄って誰?ってなっている人も少なくないと思います。《前編》には簡単ではありますが、紹介も書いているのでぜひ読んでみてください。

また近日中に後編もアップする予定なのでお楽しみに♪

ひとり旅するも良し。家族でお出かけもすてきな美術館です。読んでくださった方のすてきな休日のお手伝いになれればと思います。


【こちらの記事を読んだ方には、こんな記事もオススメ】

www.holidays.life-style-online.com

 

www.holidays.life-style-online.com

 

www.holidays.life-style-online.com