休日をレベルアップ

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【春といえば!!】そう!羊のお肉!ジンギスカン!!

もうすっかり暖かくなって、がやってきましたね❀

春と言えば、ですよね。でも桜といえば・・・・・ジンギスカン!(笑)

 

みなさんは、ジンギスカンってお好きですか??

 

f:id:upper-vision:20180311165333j:image

ジンギスカン」は、羊の肉の料理ですね!マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)を丸い山型の鍋で焼く料理です。

 

先日、お休みの日に、友達がジンギスカンを食べたいと言い始め、ジンギスカンのお店に行ってきました(´∀`)ジンギスカンをあまり好まない私ですが、食べてみると意外に食べれる!

そう!あの臭みがものすごく苦手でして・・・・でも臭くないジンギスカンもあるみたいで、とってもおいしく頂きました。

 

臭みの原因は、脂身だそうです!この脂身をとるだけで臭みは全然違うとか。

 

そして!ジンギスカンってものすごく身体にいいことが判明したんです!何だか、聞いたことはあったんですが、なにがよいのかあまり知らなかったので、まとめてみます!

f:id:upper-vision:20180311212543j:image

画像引用;http://dogfood.x0.com/category6/entry61.html

 

①ラム肉の脂肪は身体につきにくい

ラム肉は、融点が高いため身体に吸収されにくいそうです。融点とは、溶けて液体になる温度のことで、人の体温よりも高いため、溶けないから吸収されないそうです!

ちなみに、肉の中でも融点の高さは、羊>牛肉>豚肉>鳥肉の順だそうです。

ラム肉が1番吸収されないため肉の中でもダイエットに適していますね。

f:id:upper-vision:20180311212109j:image

画像引用;http://スリム酵素効果.com

 

②魚肉並みの低コレステロール

コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸を多く含んでおり、コレステロールを気にせずに食べることができます。不飽和脂肪酸は、動脈硬化を防止する栄養素で、豚肉と比較すると、なんと2倍不飽和脂肪酸が含まれています。

f:id:upper-vision:20180311212429j:image

画像引用;https://otoko-class.com/archives/21445

 

③吸収されやすい鉄分がとっても豊富に含まれている

貧血気味の時は、よくレバーを食べるといいなどとよくいいますよね!ですが、赤身の肉を食べるといちばんよいと言われており、赤いということは、を含んでいる証拠と言われています。

そして!鉄分の含有量が牛肉が1~1.4gなのに対して、ラム肉は2gもあります。なのでヘモグロビンの生成を助け、貧血になるのを防ぐことができるといわれています!

f:id:upper-vision:20180311212810j:image

画像引用;https://物忘れ薬.com/entry14.html

 

④健康を維持するビタミンも豊富

ラム肉は、牛肉や豚肉より多くビタミンB群を含んでいます。脂肪分解の助けとなり、疲労回復や美容に効果があるとされていわれているそうです!
また必須アミノ酸やミネラル類も多く含まれているようで、美容効果にも期待されています。

f:id:upper-vision:20180311213842j:image

 

⑤免疫細胞の活性化

亜鉛を多く含むので、身体を守る免疫細胞の成長を促し、バクテリアなどの有害物質から身体をまもるそうです!

 

⑥生殖能力の改善

他にもたくさんあり、カルニチンという細胞の摂取により、精子の異常体を抑え、男性の生殖能力が改善されることや、女性は妊娠しやすい身体づくりにも効果的だそうです!

 

 

ーーーー最後に

いかかでしたか?

ラム肉にはかなりいろいろな身体にいい栄養素がつまっていました。

春先に、一度ジンギスカンを食べてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、ジンギスカンに食べ頃などの季節はなく、

北海道では、四季を通して食べられているそうですよ〜(笑)

f:id:upper-vision:20180311215431j:image

 

参考文献ラム肉の臭み消しの方法