【知っていると得!】これで飲み会の主役はあなた!

この春は、送別会新年会歓迎会に...おめでたいことが沢山ありますね。f:id:opportunitys:20180310144737j:image

参考画像:

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20171214/biz/00m/010/006000c

 

きっとお酒を飲む場面もたくさんあるはず!

お酒を飲むときも酔いすぎず、ちょっとしたことで出来る対策方法をお伝えします。

 

〇酔いが楽になる

【対処法1】チョコなどの糖分
お酒のアルコールを肝臓で分解するのに糖分を必要とするので、チョコなどの糖分は分解にぴったりです。

 

【対処法2】飲み物
・スポーツドリンク
スポーツドリンクは水分を通常の水よりも素早く吸収できることから、 頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などの原因となる脱水症状の二日酔いや、 頭痛、だるさ、筋肉痛などの原因となる低血糖症の二日酔いに効果を発揮します。

ただし!!
お酒と一緒に飲むのは絶対にやめて下さい!!

アルコールが早く吸収されてしまうので危険です。

 

・オレンジジュース
オレンジ果汁には飲酒後の血中アルコール濃度を低下させる機能があり、水と比べてオレンジジュースは約3割も多くアルコールの分解が進みます。果汁の濃度が高いほど機能が大きいです!

 

【対処法3】深呼吸
酸素には、アルコールを分解させてくれる働きがあるのでゆっくり呼吸をして、血液の循環をよくしましょう!息を吸うより最後までしっかり吐くのを意識すると自動的に新鮮な空気が多く吸えます。

 

〇酒酔いを早く覚ます

【対処法1】酔っていてもすぐに寝ない
すぐ寝てしまうのは要注意です! 
酔ってすぐに寝てしまうと肝臓や腸の働きも一緒にお休みしてしまうので、明日までお酒が残ってしまいます。水分をちょっとずつ補給しながら酔いが落ち着くのを待ちましょう。

 

【対処法2】酔いに効くツボを押す
二日酔いに効くツボなどを押すと効果的です!いくつかツボがあるので、ご覧ください。
参考文献:https://matome.naver.jp/odai/2134676771453749501

 

【対処法3】身体を安定させる指回しを行う
少しだけ全身の機能向上、バランス等がよくなるため酔いが早く覚めているような感覚があります。出来なくてもやろうとすることが脳に刺激を与え、体にいい影響を及ぼします。


〇飲み会中に出来る対策

【対処法1】トマト
トマトにはアルコールおよびアセトアルデヒド代謝する酵素の活性を高める傾向があり、お酒を飲む最中にトマトを食べれば、酔いが覚める時間が通常より早くなるようです。トマトが入ったサラダ、トマトジュース、お酒であるレッド・アイ、ブラッディサム等がいいかもしれませんね。

 

【対処法2】枝豆
枝豆に含まれているタンパク質やレシチン等が豊富な栄養成分が肝臓の負担を軽減し、ビタミンAやCには二日酔いや悪酔いを防止する効果があります。また、枝豆には塩分や水分の排出効果もあるため、塩分の過剰摂取やむくみにも効果が期待できます。

 

美味しくお酒を飲む&飲み会中に友達に教えてあげたら物知りとして、一石二鳥ですね!

これで飲み会の主役はあなたです!

f:id:opportunitys:20180310145008j:image

画像:http://nicocre.xyz/?p=4729

 

参考文献

http://nurse-web.jp/kouka/effect-of-tomato/

https://www.olive-hitomawashi.com/column/2017/03/post-46.html