【これこそが真の美人】あなたの心は部屋にあらわれている!?

『今から、家行ってもいい?』

と突然言われたら、「もちろん!」と即答出来るくらい、いつも部屋が片付いてたら最高ですよね。「へぇ~、○○さんの部屋って、いつでもきれいなんだね♪」とか言われちゃったりして!?なーんて妄想をしながら現実は忙しい毎日で、「まぁいっか」「あとでしよう」「元気のあるときに」と脱いだ服を片付けなかったり、食後のお皿を片付けなかったり・・・あれよあれよと部屋はモノで溢れかえっていき、気づけばこれってもしかして、汚部屋!?なんてこともあるのではないでしょうか。

f:id:plus-pojipoji:20180307014749p:plain

『部屋を見ればその人の心の余裕が分かる』というのは耳にしたことがあるかと思いますが、何でも美容業界の成功者たちは口をそろえて、『部屋のきれいさと女性の美は比例する』と言うのだとか。これを聞いて何かが胸にグサッと刺さる感触を覚えたアナタ。安心してください。私も同じくです。(笑)今日はそんなあなたに、とっておきの片付け術を伝授したいと思います。これで今日からあなたも片付け美人♪♪

とにかく『捨てる』

最近は断捨離ブームなんて言葉を聞いたりもしますが、断捨離なくして片付け美人になることはありえません。そう、とにかく『捨てる』ことです。そんな当たり前のこと、と思うかもしれませんが、捨てることって簡単なように思えていざやってみると、思いのほか手が止まってしまうもの。部屋にモノが溢れている人と片付いている人の大きな差は、メンタルにあると言われています。まずは手が止まる原因を考えてみましょう。

f:id:plus-pojipoji:20180306003349p:plain

いつか使うかも

『よし、これは捨てよう!』とゴミ箱の上まで手を伸ばした瞬間、『いや、もしかしたらまた使うときがくるかも?』という思いがよぎること、ありますよね。流行は繰り返すっていうし・・・その気持ち、よく分かります。しかし、一年間使わなかったモノは一生使わないと思ってよいでしょう。いつ来るか分からない『いつか』のためにどんどん使わないモノが増えていくのは考えものです。

もったいない

せっかくお金を出して買ったモノなのに、ぽいぽい捨てるなんてもったいない!その通りです。必要なモノはもちろん、無理して捨てないでくださいね。でも『もったいない』『もったいない』が積み重なって出来た山を見ていらいらしている時間が一番、もったいないです。 すごく個人的な話ですが私が一番いらいらしている時間は、探し物をしている時間だなと思います。(笑)人間は一生のうちに150時間以上もの時間を探し物に費やすそうですよ。そんな無駄な時間、少しでも減らしたいですよね。

f:id:plus-pojipoji:20180306203503p:plain

めんどくさい

片付けるのが面倒で、使ったものをそのままその辺にぽい!『またあとで』の繰り返しが、気づけば『あとで』だけでは済まないものに仕上がってしまうことも。結局『もったいない』と同じように、『めんどくさい』が積み重なって一番めんどくさい結果を招くことになるのです。

決断が苦手

優柔不断がゆえに、どうしようと悩んでいる間に結局捨てれずじまい・・・『捨てなければよかった!』って後悔したくないんだもん!分かります。試しにひとつ、何か手離してみてください。思いきって捨ててみると意外と、まったく思い出さなかったりするものです。

断捨離メンタルを身につけよう

目には目を、歯には歯を、メンタルにはメンタルを!ということでこんな捨てられないメンタルに打ち勝つために一番必要なのは、『捨てたい!』という気持ち。自ら断捨離メンタルを身につけるのです。そしてその『捨てたい!』という気持ちを持つために必要なのは・・・【目的】です。

f:id:plus-pojipoji:20180306205109p:plain

どんな部屋にしたいか考える

きれいになった部屋でどんなことをしたいか、どんな部屋が理想の部屋かを考えます。それこそ冒頭のようにいつ何時客人が現れようともおもてなし出来る部屋、おもいっきり手足を伸ばしてごろごろ出来る部屋、など何でもいいです。片付けとダイエットは似ていると言われていますが、理想像を先に掲げることで、この頑張った先にはこれがあるんだ!と、モチベーションを上げることが出来ますね。

ごほうびをもうける

新しい服を一着買ったら古い服を一着捨てる、一日一捨、なんかもシンプルな断捨離術としてよく知られていますよね。一日一捨を一ヶ月続けるだけで30個もの不用なモノが部屋からなくなります。これを一ヶ月続けられたら今日はケーキ解禁OK♪など、自分ルールでごほうびをもうけてやる気UPさせても良いかもしれませんね。自分ルールで燃えない人は、周りの人にごほうびをもらいましょう。(笑)

f:id:plus-pojipoji:20180307013402p:plain

コレクションにする

当たり前のことですがモノを置いておくには場所がいります。けれど小さい頃いつも一緒に過ごしたくまちゃんの人形や、青春時代を共にしたセーラー服など、思い出が詰まったものってなかなか捨てられないですよね。そこで思い出は残しつつも物理的には場所をとらない方法が、『写真に撮ってモノは捨てる』です。これ、我が家の母親がしていたのですが、なかなか画期的ですよね。そんな『断捨離アルバム』をつくってコレクションしていくのも、捨てる楽しみになって良いかもしれませんね。

お金にする

一番やる気が出るのがこの方法なのではないでしょうか。もう使わないけど捨てるのはもったいない!という時には、売るのが一番!部屋がすっきりする・人の役に立つ・お金になる・・・もはや良いことしかありません。誰でも簡単に売り買いが出来る、フリマアプリを活用されている方も多いですよね。フリマアプリ特集サイトなんかもありましたので是非ご参考にどうぞ♪

appllio.com

まとめ

いかがでしたか。理想のすっきり部屋をイメージしながら断捨離メンタルで、今日から見た目も中身もお部屋も!美人になることまちがいなしですね☆