休日をレベルアップ

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【0.2秒でリフレッシュ】初心者向けアロマオイル厳選3種と簡単な使い方

アロマオイル=女性が使うもの?

アロマオイルといえば、女性が使うものと思っていませんか?それも、健康や美容への意識が高い一部の女性。そう思っている方はもったいない!

かくいう私も、先日、友人からアロマオイルを頂き、興味を持ち始めたばかり。

「頂いたからには!」とアロマオイルに期待される効果や使い方を調べてみると、予想以上に簡単で、家にあるものですぐできることに驚きました。

今回は、香りの体への影響、まず揃えると良い3種類のアロマオイルと、使用法、注意点についてご紹介します。

読み終わる頃には試してみたくなるはず☆

 

香りにはどんな効果があるの?

人に備わる五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)。

その中で、嗅覚は唯一、人間の本能・情動に直接働きかける繊細な感覚と言われ、香りの成分が大脳へ伝わるスピードは 0.2秒以下という研究結果もあるそうです。

ちなみに、歯の痛みなどは脳に伝わるまで0.9秒ほどと言われていますので、香りの速さは驚異的です。

一般的には、香りによって、次のような効用が期待できると言われています。

・気持ちや神経を休ませる鎮静効果
・心を和やかに明るくしてくれる高揚効果
・心身を温め情緒を安定させるリフレッシュ、リラックス効果

出典:香りの生理学 | 日本香料工業会 - Japan Flavor and Fragrance Materials Association -

 

「0.2秒で気分を変えられる」(かもしれない)のであれば試してみたいと思いませんか?

では、どんなアロマオイルがあるのでしょう?

 

種類がいっぱい!どんな香りを選べば良いの?

アロマ初心者さんにおすすめの精油は↓の3種類と言われています。

人によって好き嫌いがわかれにくく、アロマオイルを始めるにはここからが良いそうですよ。

 

このアロマから始めよう① ラベンダー
・心の安定と元気をくれる
・鎮静、殺菌、浄化など万能的な効能を持つ

f:id:zsixkyrv:20180217214558j:plain 

 

このアロマから始めよう② ローズマリー
・力強く刺激的な魅力を持つ
・心身に活力を与え、集中力や記憶力を高める

f:id:zsixkyrv:20180217214813j:plain 

 

このアロマから始めよう③ レモン

・美をもたらし、心身を浄化する
・新陳代謝を高め、若さを保つ

f:id:zsixkyrv:20180217214800j:plain 

出典:おすすめのアロマ|初心者におすすめの精油と楽しみ方

 

私が頂いたアロマセットにもこの3種類が入っていました。

同じ香りに身体が慣れると、心地よさが半減してしまうらしいので、3種類ほどを回すと良いでしょう。

ちなみに、日本ではアロマオイルは雑貨扱いとなり、ものによっては粗悪な場合もあります。お店の方や詳しい方と一緒に買いに行かれることをおすすめします。

 

どうやって使えば良いの?

まずはシンプルに香りを楽しんでみましょう。アロマオイルの蓋をあけて、軽く振るだけで、空気中に優しい香りが漂います。

「アロマオイルってディフューザーがないと楽しめない?」という方も安心してください。誰の家にでもあるもので簡単に楽しめます。

 

用意するのは○○だけ!吸入法にチャレンジ!

空気中に拡散させたアロマオイルの香りを鼻から吸収する、最も一般的な方法です。

長時間の吸入や、喘息など咳が出る場合は避けてください。

 

●ハンカチまたはティッシュペーパーを使って
ハンカチまたはティッシュペーパーにアロマオイルを1~2滴落とし、鼻に近づけて吸入し、香りを楽しみます。
花粉症や風邪が流行る時期は、マスクに落とすのも効果的だそうです。直接肌にふれない部分に落としてくださいね。

f:id:zsixkyrv:20180217214851j:plain

 

●マグカップと熱いお湯を使って
マグカップに熱いお湯を注ぎ、アロマオイルを1~2滴落とします。湯気とともに香りが広がります。間違って飲まないようにだけ注意してくださいね。

↑で紹介した②ローズマリー・③レモンは、少し刺激がありますので、目を閉じて香りを楽しむことをおすすめします。

f:id:zsixkyrv:20180217214908j:plain 

 

アロマオイルを使うときの注意

アロマオイルを使用する際、下記のことは避けてください。

注意点① 直接肌につけない!

アロママッサージなど、直接肌につけるときには「キャリアオイル」という植物油で希釈してから使いましょう。アロマオイルとキャリアオイル、どちらもパッチテストをするとなおよしです。

 

注意点② 服用しない!(飲まない!)

医療行為として医師の処方のもとアロマオイルを服用することもありますが、ご自身でアロマオイルを使う場合は、服用するという方法は避けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?0.2秒の快感は体験して頂くのが一番!

是非試してみてくださいね。

f:id:zsixkyrv:20180217215334j:plain