【発見!】新しい鑑賞法を東京で体験

フォトジェニックな美術館として訪れる人が絶えない金沢21世紀美術館

こちらの美術館の展示品の中でもレアンドロ・エルリッヒ作スイミング・プールは特に人気がありますよね。

www.kanazawa21.jp

 

私も金沢21世紀美術館へ訪れたらスイミング・プールは必ず行きます。

まるでプールの中に入っているかのような体験をすることができ、年甲斐もなくはしゃいでます。

 

「こんな楽しい展示品、東京にもあったらいいなぁ」

 

と常々思っていました。

 

思い続けて10数年!笑

遂に私の念願の夢が叶ったんです。

 

それがコチラ。

 

森美術館 ーレアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアルー

www.mori.art.museum

 

−期間

2017年11月18日(土)〜2018年4月1日(日)

−入場料
大人1,800円

学生(高校・大学生)1,200円

子ども(4歳〜中学生)600円

シニア(65歳以上)1,500円

 

しかも2月までは21世紀美術館スイミング・プール」の画像を見せるとプール割!水曜日は3名以上で来館するとチーム割!というものがあり、入場料が100円引になるそうです。

 

またまた既成概念を壊してくれたレアンドロ・エルリッヒ氏。

ベランダから人がころげ落ちていたり、手すりにつかまっていたりと今回も何だか楽しそうな予感がします。

みなさんもアートの新しい鑑賞法を体験してみてはいかがでしょうか。

お一人様や友達と、またデートやお子様連れの家族、いずれも楽しめるのではないかと思います。

 

f:id:dream-maker:20180212124905j:image

 

またアートではありませんが2月25日(日)までは「乾燥機」と「エレベーター」の展示も代官山で行ってるそうです。

エレベーターは迷路になってるそうです。

私たちの脳では想像できない世界。こちらもワクワクさせてくれますよね。

bijutsutecho.com

 

最後に

寒い冬はついつい家にこもりがちになってしまいますが、体験しながらアートの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

寒さで凝り固まった脳もやわらかくなるかもしれませんね。