【女性も実は気になる】ラブホテルのここが素晴らしい3選

イメージは人それぞれでOK

ワンナイト?その場の勢い?衛生面でどうなの?ラブホテルへのイメージは人それぞれですよね。私も、よく知ろうとしないで「ちょっとな~」と思っていた時代がありました。ただ、最近は、人気漫画「ラブホの上野さん」のモデルである上野さんをして「大阪のラブホの値段は何かがおかしい(=このお値段でこのクオリティ?!)」と言わしめるまでになっているのです。

大阪のラブホの値段は何かがおかしい | ラブホの上野さんの相談室

「今でも十分ラブラブだし、愛し合ってる」「一人暮らしどうしだし、お金をかけて行く意味がわからない」という方、それもわかります。ただ、そこでだけ味わえる経験、拓かれる可能性があります。最近、友人との女子会でも話題になり、女性の方も気になっているみたいです。
f:id:zsixkyrv:20180205213757j:plain

★ここが素晴らしい① お風呂が広い
ラブホテルは通常のビジネスホテルよりもお風呂が広いんです。緊張した心も解き放たれることでしょう。ホテルによっては、バスタブが光るところもあります!あのキラキラしている感じ、女性は結構好きだと思うんですよね。一つのアミューズメントとして、一緒にキャッキャしちゃいましょう。
f:id:zsixkyrv:20180205213742j:plain

★ここが素晴らしい② ベッドが大きい
お風呂と同様、ベッドも大きくて良いんです。一人用の布団やシングルベッドだと、大きさを気にして できなかったこと、ありませんか?思う存分集中できますね。詳しくは聞いていませんが、男性の中には「高さがちょうどいい」と言う猛者も。大きくて柔らく、清潔なベッドは、それだけで気持ちが良いですよね。
f:id:zsixkyrv:20180205214323j:plain

★ここが素晴らしい③ 照明が調節できる
ラブホテルの照明は特徴的で、とても細かく調整できるようになっています。真っ暗がいい人、少しの灯りだけでいい人、 MAX明るいのが良い人… 2人の絶妙な希望を叶えてくれます。ただ、照明パネルはボタンが多く少々複雑ですので、男性のラブホ初心者さんは、遊びがてら操作してみて、予め慣れておくといいでしょう。
f:id:zsixkyrv:20180205214456j:plain

まとめ

いかがでしたか?お風呂やベッドが大きくゆったりしているだけでも、人の心はリラックスし、オープンになったりするものです。恋愛ホルモンは3年しか続かないと言われる中で、それを越えて長く愛し合うには、こういった、新たな喜びを開拓できる場所を使うのもあり…かも?
f:id:zsixkyrv:20180205213823j:plain


おまけ
ラブホテルの検索サイトも、近年とっても親切になっています。絞り込み検索など、便利な機能も満載です。サッと検索して、スマートに案内してあげましょう。
おすすめの検索サイトを載せておきます。
happyhotel.jp
couples.jp